INTERVIEW

高校時代から志した、食の商品開発。
試行錯誤を重ねて作り上げたものが
世の中に出ることがうれしい。

HK 商品開発チーム

鈴木 聡美

アルバイト先の店長の人柄や、
人間関係が良さそうな雰囲気も後押しに。

高校生の時から食べ物が体に及ぼす影響を見るのが好きで、その頃から商品開発に関心を持ちました。大学は管理栄養学科に進みメニュー開発について学べるゼミに所属し、より商品開発職への思いが強くなりました。

リンガーハットでは大学2年生の頃からアルバイトをしていました。たまたま就活サイトでリンガーハットが商品開発職を募集しているのを見つけた時、店長に「受けてみようかな」と伝えるとすごく賛同してくださいました。説明会では1対1でとてもフレンドリーに対応していただき、雰囲気が良い会社だな、と感じたことを覚えています。他に内定を頂いていた企業もあったのですが、最終的に決めたのはアルバイト先の店長が本当に楽しそうに働いてるのを見ていたからです。社員の方同士が仲良さそうな雰囲気も感じていて、ここに入ったら私も楽しく働けるのではないかと思いました。

課題に沿って商品をかたちにしていく。
本当に毎日めちゃくちゃ食べてます。

リンガーハットでアルバイトをしていたので、入社して、とんかつチェーンの「濵かつ」所属になったことは意外でした。最初は何も分からず不安にも思いましたが、研修は楽しかったです。3ヶ月の店舗研修を経て、商品開発チームに配属になりました。

主な仕事は季節商品や新商品の開発です。スタッフ一人一人がそれぞれ課題を与えられていて、毎日試作してひたすら食べていますね。時にはちゃんぽんチームから「これ食べてみて」と言われたり、意見交換しながらやっています。自分の意見をはっきり言うことも、商品開発の仕事においては大切だと思います。そうして形になったメニューを役員陣にプレゼンして実際に食べてもらい、それが通るとお店に出せるといった流れです。

実際に取り組んでいるテーマの例を挙げると、「高齢者向け」の商品などです。濵かつのメニューは高齢者には量が多くて食べきれないというお声もありました。そこで、食べきれる量で大人でも満足できる商品を開発しようという発想です。他にも様々なターゲット層に向けた商品開発や現行商品のブラッシュアップもするし、新しい食材を使うにあたっての鮮度管理方法の検討や食材の調整、メニューやポスターの撮影や現場への調理教育といったことも行います。

手がけた研究や顧客満足度が話題になり
濵かつの知名度アップに貢献。

自分の関わったものが世に出るのはすごく嬉しいです。友人から「このあいだ食べに行って美味しかった」と言ってもらえるのも嬉しいです。逆に作った商品があまり売れずにメニューから消えてしまったり、仕入れた食材が余ってしまうこともあります。味が美味しくても組み合わせやネーミングが良くなかったというケースもあって、その部分を予想して改善して再トライすると評判が変わったりもします。そういった面にも商品開発の面白さを感じます。

印象に残っている仕事としては、お弁当の改良というのがあります。とんかつは、弁当箱につめると蒸気でベチャベチャになってしまうので、それをお店で食べる状態に近づけるという課題です。2年以上かけて研究を重ね、水分や油を吸収するシートと保温材を開発しました。大学との共同研究であることや特許出願という話題性もあって、取材が来たり新聞にも取り上げていただました。社内でもこの保温材やシートを他のテイクアウト商品にも応用しようという話が出ていてうれしいです。
濵かつがお客様満足度1位になったときは濵かつブランドをテレビで取り上げていただきました。もちろん自分だけの力ではないけれど、関東ではまだまだ知名度の低い濵かつのブランドが多くの方に広がっていくことを実感しました。

SCHEDULE

  • 8:00~
    朝礼、メール確認
  • 9:00~
    着替え
    清掃、食材購入等
  • 10:00~
    役員試食
    (新商品社内プレゼン)販売したい商品を役員の方に食べていただいてプレゼンします。
    季節商品ですと遅くとも3か月前にはプレゼンするので、半年前くらいから試作しています。
  • 14:00~
    昼食・休憩
  • 15:00~
    商談等
    お取引先様と新商品に使用する食材の打ち合わせをしたり、現状品のブラッシュアップに取り組むこともあります。
  • 16:00~
    食材発注・キッチン清掃着替え・メール確認等
  • 17:00~
    退社
    退社後は先輩方と気になるお店にリサーチがてら食事に行くこともあります。
ブレないベースは、食や料理が好きという気持ち。
誇れる商品を作るために自分を磨いていきたい。

自信を持って作った商品を世に出したい。そのためには今後販売や営業の面、数字にも強くなりたいと考えています。販促の効果も学びたいです。そういった知識があれば開発の発想も変わってくるし、今の自分が持っていない視点で考えられる。もっともっと学んで商品開発に生かしていきたいです。

私自身は初めから商品開発職を希望していましたが、“同級生がみんな受けているから”という理由で給食会社や病院や薬局の採用試験も受けたりしました。でもそんな気持ちは見透かされてしまうのか、全部落ちてしまった。やっぱり自分のやりたいことを追求した方がいいのかなと思います。
この会社は九州出身の方が多いからか、優しい方が多く、ほんわかしてます。意見を言いやすい環境ですし、上司もやりたいことにチャレンジさせて頂いています。今は女性が少ないので、女性同士がんばろうという気持ちも強いです。一緒に働きたいと思う人は、食べることが好きな方です。効率化を求めて、調理工程をシステマチックにしたとしても、食に対する思いがないと、単なる作業になってしまい、心のこもっていない料理(商品)になってしまうと思います。